追悼 David McReynolds さん2018/09/29 09:02

今秋創立95周年を迎える米国の戦争抵抗者同盟(WRL)の重鎮、デイヴィッド・マックレイノルズさんが、去る8月17日、88歳で他界された。社会主義者として、平和主義者として、そしてまた心に残る写真家として国際的に知られた方だったが、むすぶ会との交流は、湯川さんを団長とした95年の国連創立50周年総会への代表派遣行動(日本の安保理常任理事国入り反対!・戦後補償実現国際連帯!)の中で、WRLの事務所を訪ねたことがきっかけで始まった。その後97年に再訪問。また98年には、国防省の前で取り組まれたWRL主催「A Day Without the Pentagon (ペンタゴンのいない1日)」の集会に、会から代表2名が参加した。幸いにも、私はそのいずれにも参加させてもらう機会を得た。
デイヴィッドさんと言えば、朝鮮戦争への兵役を拒否し、60年代にはタイムズ・スクエアの前で、仲間と共にベトナム戦争に反対して徴兵カードに火をつけ燃やしたエピソードの持ち主。その反戦・非暴力・不服従人生の始まりは、10代のUCLAの学生だったころ、第二次大戦後のドイツで、非軍事都市ドレスデンの惨状を目にしたときだったと聞いている。その後WRLのスタッフとして活動する中で、警察による不当な逮捕・拘束(最後は2015年)の繰り返しに屈することなく貫いた戦争抵抗者としての精神は、あまりにも崇高で語り尽くせないが、そんな彼が、むすぶ会のような小さなグループに信頼を寄せてくださったこと、とりわけ私たちの招請にこたえて2度も日本まで来て下さったことに、あらためて感謝したい。
出会いから23年、今、いろんなことが思い出される。2001年、9.11同時多発テロの翌月、森之宮野外音楽堂で開催された国際反戦デーの集会で、米国のアフガン攻撃に抗して「暴力と報復の連鎖を断ち切るために」と題して格調高い講演をされたこと。その際、事務局の藤田宅で、今は亡き井上三佐夫さんにデイヴィッドさんの好物の天ぷらを揚げてもらって歓迎交流会をしたこと。2003年、アフガニスタン国際民衆法廷・枚方公聴会で「冷戦後のアメリカ合衆国の軍事戦略」について証言し、ネオコンの実相を明らかにしていただいたこと、等々・・・。それから2001年2月、ハワイ沖で、えひめ丸と米国の原子力潜水艦との衝突事故が起こったときは、犠牲になった宇和島水産高校の生徒らのことを心から悼んでメッセージを送って来られた。さらに毎年原爆忌のころには、核兵器廃絶にむけた独自の見解を寄稿して下さった。それは常に米国市民のひとりとして、深く厳しい反省と責任を込めたものであった。エッセイは折に触れ「むすぶ」の紙上に翻訳し掲載してきたが、昨年9月号の「ナガサキ~8月に想う」が最後の紹介となった。
私とは個人的に、直前の8月5日までメールでのやりとりがあったので、WRL本部からの訃報は、本当に突然の悲しい出来事だった。デイヴィッドさんは、15日、ニューヨークの自宅アパートで倒れて意識を失っているところを友人によって発見され、救急車で病院へ。発見時、彼の傍らには、長年の相棒・猫のシャーマンがじっと寄り添い座っていたという。そのシャーマンは、翌16日、静かに天国に旅立った。そして1日遅れて17日、デイヴィッドさんは意識を取り戻すことなく永眠された。
お元気なうちにもう一度お会いしたかった。May his soul rest in peace. 
           平和と生活をむすぶ会 事務局 光永サチ子

コメント

トラックバック