今月を視る(「むすぶ」2018年3月号より)2018/04/19 09:59

 ローソク革命が切り開いた道に合流し
今、一斉に「東アジアに平和を!」の声をあげるとき

沖縄の抵抗は止まない
名護市長選挙に続き、石垣市長選挙も極めて残念な結果に終わった。さらに3月13日には辺野古新基地建設工事をめぐる無許可での岩礁破砕は違法として沖縄県が国を相手に岩礁破砕の差し止めを求めた訴訟に対し、那覇地裁が門前払いの不当判決。翌14日には、山城博治さんらの正当な抗議活動に対する不当弾圧事件で山城議長に懲役2年、執行猶予3年の不当判決を行った。安倍政権の沖縄に対する差別と暴力による攻撃はすさまじい。この攻撃に対し、辺野古現地を中心に必死の抵抗が続いている。多くが沖縄県外にある私たちは、この沖縄の人々の抵抗と闘いを支えるため、出来ることは「何でもする」気概で臨んでいかなければならない。それは、私たちの責任である。

窮地に立つ安倍政権
一方、国内での安倍一派の独裁による暴力的支配が限界に近づいてきていることを示す状況が生まれている。「森友疑惑」をめぐる財務省の決裁文書の「書き換え」による改ざん、隠ぺい事実の発覚は、情報が内部から漏れ出している可能性は高く、安倍一派の内部崩壊が始まっていることを示している。この状況を見逃さず、安倍政権打倒へ一気に突きすすまなければならない。

朝鮮半島情勢が大きく動き出した
窮地に立つ安倍政権にとって、これまでがいつもそうであったような「朝鮮半島の緊張激化」を望める状況にはない。安倍政権の期待に反して、朝鮮半島情勢が、緊張から対話へと大きく動き出した。
4月末までの南北首脳会談に続いて、5月までに米朝首脳会談を行うとトランプ大統領が応じ、実現することが決まった。さらには、それぞれの会談の結果によっては朝鮮・韓国・米国の「三者会談につなげることも可能」との文在寅大統領の発言も出た(3月21日)。まさに6カ国協議へのレールが敷かれつつある。これは、「戦争回避のためには、何でもする」との韓国文在寅政権の強い決意と努力の結果であることは明らか。まさに、ローソク革命が生み出した文在寅政権の当然の行動であり、韓国民衆の強い意思の表れだ。これに比し、「北朝鮮を抑えるためには、戦争をも厭わない」かのような安倍政権の「圧力、制裁」しか言わない対応、ここに来ても、巨大メディアと一体となって「北朝鮮の対話攻勢は制裁が効いてきた証拠」「北朝鮮の対話攻勢に惑わされるな」など首脳会談の歴史的意義を低めるためだけのキャンペーンの展開は、東アジアの平和と市民の安全にとって害悪であり、犯罪でしかない。日本の孤立は明白だ。
トランプ大統領は、相次ぐ米社会での銃乱射事件に対して、銃が蔓延する状況を無くすのではなく「教師が銃を」と驚くべき「解決策」を打ち出したが、この発想は、米国がこれまで取ってきた外交・軍事政策と全く同じもの。つまり、国際社会に蔓延する軍拡に歯止めをかけ、軍縮で世界の秩序をつくろうとするのではなく、より強い軍事力で相手を抑え込むという発想だ。このトランプ政権をして、対話と緊張緩和への拒絶を許さず、米朝首脳会談まで上り詰めることを可能にした韓国民衆と文在寅政権の動きと努力に応える時だ。韓国政府は、米韓合同演習を大幅に縮小するなど南北首脳会談、米朝会談の成功に向けてあらゆる環境整備にさらなる努力を傾注している。今、日本から、東アジアから一斉に「東アジアに平和を!」「軍縮こそが答!」「朝鮮戦争に終止符を!」の声をあげるときである。

この世界的な流れを一人でも多くの市民に伝え、軍縮こそが最大の安全保障であることを訴えよう。あらゆる機会を通じて、対話を広げよう。3000万人署名活動は、改憲問題に止まらず「もりかけ疑惑」、安全保障問題、自衛隊問題など意見を聞き、語る対話の絶好のチャンスだ。私たちにとっては、対話の訓練の場でもあり、積極的な参加が求められている。

「むすぶ」目次(2018年3月号)2018/04/19 10:01

■ 今月を視る/ ローソク革命が切り開いた道に合流し
   今、一斉に「東アジアに平和を!」の声をあげるとき
■ 寄稿 / 談合だけではない「リニア問題」(続) リニア市民ネット・大阪 北川誠康
■ Q&A <NO.88>/ 安倍「9条改憲」と自衛隊 その3     事務局 藤田なぎ       
■ BOOK CORNER /『中国・北朝鮮脅威論を越えて 東アジア不戦共同体の構築』 
            進藤榮一 木村 朗 編 耕文社  事務局 豆多敏紀
■ 読者つうしん / 記録を保存し、記憶を伝える   沖縄県・本部町 高垣喜三  
■ 講演会予告 2017年度会計報告 & おしらせ

今月を視る(「むすぶ」2018年4月号より)2018/04/19 10:10

南北・米朝首脳会談支持!平和・非核の朝鮮半島へ!
安倍壊憲内閣をアジア民衆との連帯で打倒しよう!

対話こそ平和への近道
 この間の朝鮮半島をめぐる動きはそのことを如実に示している。ふりかえれば暑い昨夏、朝鮮半島は戦争への危機的状況に直面していた。それから半年余、朝鮮半島には今、非核・平和への里程標が打ち立てられようとしている。
この間の対話交渉の胎動の象徴は平昌オリンピック・パラリンピックであろう。南北両首脳は(文在寅大統領・金正恩委員長)はこの機を十二分に活用した。
対話への予兆は危機の中にこそあった。昨9月「水爆」実験に続くICBM発射成功後に朝鮮は核兵器保有完成を宣言(一定の区切りと理解できる)。冒険的なやり取りの中で「60日間何もなければ対話も選択肢」とトランプのひとつのサイン(一方で「テロ支援国家」再指定と空母3隻派遣での日本海演習)。その中で文在演は、国連総会演説で、「核・ミサイル開発問題」の〝平和的方法による解決〟と朝鮮選手団のオリンピック参加とを呼びかけた。
金正恩は新年の辞で応えた。「オリンピックに代表団派遣を含む必要措置をとる用意があり、このため南北政府が会うこともできる」と提案。1月9日には板門店南北閣僚級(高位級)会談に至り共同報道文採択(「南と北は現在の軍事的緊張状態を解消すべきとの見解で一致し」)。即、文在寅は10日の新年記者会見で応じた。(北朝鮮の核を対話で解決することに米国との意見の違いはない。条件と展望が整えば、南北首脳会談を開催する用意がある)。
かくして統一旗を掲げての南北共同入場が実現し、南北の高位級代表の会議が同時進行。北からは文大統領招請が伝えられ、開会式参加の北特使団に対して、文在寅は米朝対話の早期開催を主張し、南北関係と米朝関係が共に発展せねばならないとの意見一致まで到達する。

南北から米朝へ
 文在寅はトランプとの電話協議のうえ北への特使団を派遣、特使団は金正恩と会談、帰国後、以下の訪朝結果を公表した(3月6日)。
1. 南北は4月末に板門店平和の家(韓国側施設)で南北首脳会談開催。
2. 南北は軍事的な緊張緩和と緊密な協議のために首脳間ホットラインを設置。
3. 北側は朝鮮半島非核化の意志、北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、体制の安全が保障されるなら核を保有する理由がないことの明確化。
4. 北側は非核化問題協議及び朝米関係正常化のため米国と虚心坦懐に対話する用意を表明。
5. 対話継続中、北側は追加核実験、弾道ミサイル試験、在来兵器の南側への不使用を確認。
6. 北側はオリンピックで造成された南北和解・協力を続けるため南側テコンドー演武団、芸術団の平壌への招待(3/31~4/3平壌公演実施)。
 注目すべきは第3項である。〝先代の遺訓〟なる言葉がそえられ、条件付きではあれ、〝非核〟明確化は初めてのことである。
 同時に米韓合同軍事演習への「理解」表明(「例年の水準なら理解する」)もなされた。オリンピック開催期間中の未実施、再開後の期間短縮、原子力空母等戦略兵器未派遣は、以上の南北会談への米側のスピーディーな反応、行動と読み取ることができる。
 特使団は、訪米して訪朝結果を説明(3月8日)、特使団に記者発表の機会を与えたトランプは「韓国と北朝鮮から出た発表は非常に肯定的」としていたが、「金正恩と5月に会う」と表明するに至った。
「南北関係の改善が米朝関係改善にも限定的な波及効果を及ぼしたものです。韓国政府の主導的役割のもとで南北、米朝、韓米の好循環の関係が可視化されたことは実に驚異的なことだと言わざるをえません」(『世界』5月号 文正仁「朝鮮半島の非核化と文在寅政権の戦略」)。
 すでに南北首脳会談は4月27日予定され、6月初旬には国連・中国・ロシア等の歓迎も受けて初めての米朝首脳会談が開催される。この流れを一貫して妨害し、朝鮮半島・アジアの平和に敵対してきた安倍政権打倒、これこそが私たちのやるべきことである。

「むすぶ」目次(2018年4月号)2018/04/19 10:11

■ 今月を視る/ 南北・米朝首脳会談指示! 平和・非核の朝鮮半島へ!
   安部壊憲内閣をアジア民衆との連帯で打倒しよう!
■ 報告 / 強制動員真相究明全国研究集会in沖縄 南部戦跡フィールドワーク
強制動員真相究明全国ネットワーク 中田光信
■ Q&A <NO.90>/ 安倍「9条改憲」と自衛隊 その4     事務局 藤田なぎ       
■ BOOK CORNER / 「ルポ・軍事列島」第4回 岩国   事務局 豆多敏紀                          
■ 読者つうしん /「漂流するトモダチ」を知りあらためて深めた
           「核絶対否定」の思い  関電プロジェクト 八木浩一  
■ 総会・講演会あんない & おしらせ